梅雨時はシャンプーコースで雑菌からペットを守る!

健康管理 comments(0) - pet-house

シャンプーコース足裏バリカン

JUGEMテーマ:犬の健康管理

梅雨時は不快だし髪の毛は決まらないし体調に異変が起こることもありますよね💦

そして大切なペットにも気を付けておきたいことがあります

こんなことに要注意

  1. もし雨上がりの濡れた地面に散歩に行って足裏の毛に水分がついてしまうと、しっかり乾かさないと湿気から雑菌が繁殖して毛が茶色くなって皮膚のトラブルを引き起こしたりします
  2. 湿度が高くなると被毛が絡まって毛玉ができやすくなります
  3. 耳の常在菌も繁殖しやすい時期なので耳の中をチェックして黒かったり、耳垢がついていたり耳の中の毛がボーボーで耳の中への風通しが悪ければカビや細菌が繁殖して外耳炎などを引き起こします

そこで、、解決策としておすすめしたいのが

シャンプーコースを賢く利用する方法です

 

ペットサロンを利用する場合
全身カットしてもらうのが当たり前
とお思いの方が多いのですが

シャンプーコースなら、、
1000円〜犬種によっては2000円全身カットコースより安く
各種お手入れがプロの手で行えます

シャンプーコースに含まれる内容を詳しく説明すると

☆足裏バリカン

足の裏の毛をバリカンで短く刈ることで
フローリング滑り防止→ひいては骨折予防につながったり、足裏に水気がついたとしても乾かしやすく雑菌の繁殖を防ぎます

☆ブラッシング

毛玉やもつれ毛になる前にプロの手でしっかりブラッシングします

犬のことを最大限に考えて開発されたショーテックスリッカー プードル・全犬種におすすめです。 プロも驚く効率がいい、 使いやすさ抜群 のスリッカーブラシです。 軽量でグリップ付きの長い持ち手は持ちやすく、手と手首にかかる負担と疲れを軽減します

☆耳掃除

鉗子(かんし)を使って耳の中の毛を引き抜きます。そのあとイヤークリーナーを染みこましたコットンで耳の垢をふきとり耳の中を清潔にします

☆目元カット

あまり浸透していないのですが目元カットもシャンプーコースに含まれてます!

犬の毛は1か月に約1cm伸びるので、

目の直径が1冂しかないので

1か月以上たつとどうしても目が隠れます

目が隠れないようにするには、1か月以内にご来店頂くといいですよ。

☆爪切り

☆肛門腺絞り

肛門嚢炎(こうもんのう)に溜まった分泌物を人間の手で絞り出します。これをしないと肛門のまわりが腫れあがって出血したり、排泄時に痛みで鳴いたり、肛門をしきりに舐めたりするようになります。また、症状が悪化すると肛門嚢が破裂してしまう事もあります

以上がシャンプーコースに含まれるグルーミング(お手入れ)内容となります。毎月カットに出すのは経済的にも負担がかかりますがあいだでシャンプーコースを賢く利用することで愛犬も快適に日常生活を送ることができるのではないでしょうか?

それと梅雨時はドッグフードは密封するよう注意してくださいね。いたみやすいので、置きエサは特にこの時期は控えましょう。

無料ブログ作成サービス JUGEM