愛犬の熱中症を防ぐ5つの対策

健康管理 comments(0) - pet-house
日ごとにに暑さが厳しさを増す中、犬猫が熱中症で動物病院に駆け込む数が増えているようです

飼い主様も当然、対策や予防に努めているとは思いますが
ここで熱中症対策のおさらいをしたいと思います

散歩する時間は暑さに十分配慮する

今でも熱いアスファルトの上を散歩させているかたもいます
気温が少し下がったからといっても、
地表付近の温度はまだ熱くなっている事も多いので、
そのあたりにも注意をして散歩にでかけましょう

留守番させる時はエアコンをつけたままの状態にする
"これぐらいだったらいいか"が命取りになりかねません
また最近のエアコンは人感センサーを搭載している機種も多く
それに頼ってしまって、飼い主がその場から離れた後に
センサーが感知しなくなりエアコンが作動しなくなって、
その場にいたワンちゃんが熱中症にかかったという例もあります。

また扇風機やサーキュレーターをしようして、
室内の空気を循環させるのも良いでしょう


長毛の犬種はサマーカット
暑さに加えて湿気も多い日本特有の気候
飼い主が適切に被毛を手入れしないと熱中症のみならず
皮膚病にもなります。
見た目でサマーカットを嫌う
飼い主さんもおられますが
愛犬のためには、絶対にしてあげてくださいね

車の中に放置は厳禁
エンジンをかけたままにしてエアコンをつけておくから大丈夫?
もしバッテリーが上がるなどして、
エアコンがきれたら大変なことになります


水分補給はこまめに

最近では手ごろな価格でいつも新鮮な水が飲める犬用循環式給水器があります
また、高齢犬で水を飲まない愛犬もいますが、そんな子には
缶詰めやレトルトパウチなどのウェットフードを
いつも与えているカリカリのドライフードに混ぜて与えるのも得策です


 
JUGEMテーマ:犬の健康管理

 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM