犬がくるくるまわる旋回歩行をするようになっときにあると便利なグッズ

健康管理 comments(0) - pet-house

JUGEMテーマ:犬の健康管理

犬が年齢を重ねるにつれ
病気が心配になりますよね

脳が萎縮してしまい、人間と同様に痴呆症状が出ることもあります

よくある症状が
『ある時突然犬が首をかしげて一定方向にぐるぐる回るようになった』 という旋回運動です

脳萎縮はどの犬種にも起こりますが、柴犬などの日本犬では特に多い傾向があります

痴呆症の予防対策

予防方法としては、抗酸化成分に配慮したドッグフードを与えることで効果が認められます

そこで重要な抗酸化ビタミンである『ビタミンC』なのですが、原材料表記をよく見ると外国産のドッグフードにはビタミンCが含まれていないことが多いんです。

それは犬は自分の体内でビタミンCをつくることができるのでドッグフードに配合すると過剰摂取になるためと考えられますひらめき

しかし

日本の室内犬は日常のストレスで自分で作るビタミンC だけでは足りません←ココ重要

ひとりで室内でお留守番、密集社会での絶え間ない雑音、受動喫煙など外国に比べてストレスがかかる国 『日本』

様々なストレスによりビタミンC は消費されます

また高齢犬はこのビタミンC を作る機能が衰えるので、なおさらドッグフードやサプリメントで補うことが重要なのです

7歳を過ぎた頃からのドッグフードを選ぶ際は、製造時の熱でも破壊されない『耐熱性ビタミンCを配合したドッグフード』が好ましいです

旋回運動が始まったら

ほうっておくとあちこちに頭をぶつけたり

リードでつないでいた場合
最悪リードが首にからまってしめつけられ死亡するというケースもあります

そんなことになる前にしっかり予防しておきましょう

バスマット数枚をガムテープでつなぎ円形状にして柵を置いておくと家具などにぶつかってケガをする心配がなくなります。

また同じ方向にばかり回ると片側の関節にのみ負荷がかかるため、

もし可能なら時々右回り、左回りと変更するよう体の向きを変えてあげると良いでしょう。

面倒な場合はネットでいろいろ出ていますのでチェックしてみてもいいと思います

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM