はじめてのペットホテルまでにしておくべきこと

- comments(0) - pet-house

ペットホテルに少しでも安心して預けるには

たいせつなペットを預けるのだから、預けている間元気に過ごしていてもらいたいですよね
日常の飼い方接し方を気を付けることで少しでもストレスを減らすことができます

サークル・ケージに入り慣れておく

ワンちゃんは、広い場所より狭い場所の方が落ち着くのですが、日頃ご家庭で犬舎(ケージ・サークル等)に入り慣れていないと、「閉じ込められる」というストレスがかかる場合があります。

 

その典型的な行動が

「タオルや毛布に鼻をこすりつけ鼻の上部をすり剥いてしまう」

外に出たいがためにケージの戸を引っかいて、「爪や足裏から出血する」といったトラブルです。

お留守番の時に犬舎に入り慣れているワンちゃんでも前述のような問題行動をとることがあります。「犬舎に入るのは 留守番をする時=誰もいない時」と思っていると、いざペットホテルで犬舎に入れられると「誰かがいる=出してもらえるはず」と思ってしまうからです。「いるなら出してよ!」という事ですね

 

こうした事態を防ぐためにも、ご家庭でのクレートトレーニングをおすすめいたします。

「閉じ込める」のではなく、「安心して過ごせる居場所を作ってあげる」といった考え方はいかがでしょうか
参考ページ(クレートトレーニングのススメ)

分離不安を和らげる

ワンちゃんは大好きな飼い主様と離れて留守番をすると、分離不安によりストレスを感じます。分離不安を少なくするのに、日ごろのワンちゃんと飼い主様の距離感も非常に大切です。いつも一緒、寝る時も一緒だと離れた時の不安は高くなります。日ごろから愛犬との適度な距離感を保ってあげてください

主従関係を明確にする

主従関係も飼い主が『主』であることを明確にしておくべきです。ペットに甘やかしてばかりいると、ペットは飼い主との距離感を勘違いしてしまい、自分がボスと感じるようになってしまいます。犬はペットホテルに「置いて行かれた」と感じ⇒帰宅後自分のほうが立場が上だと思っている子は「なんで知らないところに置いていったんだ」と飼い主に攻撃的な性格になるだとか、嫌がらせにあちこちで排泄するなど問題行動を起こす引き金になりかねません。

 

そうしないために、ここに気を付けることを何点か挙げておきます

  • いっしょに寝るのぜぇっったあいダメ!
  • 犬が吠えたからといって、リアクションをしない(抱っこする、おやつをあげる、散歩に行く、サークルの扉を開けるなど)
  • 決まった時間に食事や散歩をしない
  • 食事は人間から先に食べ始めるようにする

 

ペットホテルに預ける時のためだけでなく、万が一の災害の際にもこれらをしておくことで分離不安は相当少なくなるはずです

いつも通りに接する

ペットホテル前日や当日に離れるからと普段以上にスキンシップを取ると離れた後の不安感や寂しく感じるストレスは増大します。ペットホテル前はくれぐれも普段通りに接するように。

帰宅後は「よく頑張ったね!」とほめてあげてください。

また緊張状態からの解放で気が緩み下痢をする子もいますので安静に様子をみてあげてください。

慣らし預かり

ペットホテルお泊り本番前に、一時預かりでの練習をお勧めしております。

預け先の環境やお世話するスタッフに少しでも慣れてもらい、ワンちゃんのストレスを少しでも減らすためです。

本番で飼い主さんと離れたあと「置いていかれた」と不安にならず、迎えに来てくれる安心感をイメージづけることも大切です。

※飼い主様のご判断にお任せしていますが、ワンちゃんの負担を減らすためには、是非ご検討ください。

 

最後に実際に当店で起こった事例です

・ストレスで鼻をこすりつけて鼻の上部をすり剥いてしまう(※一番多い例)

・ケージに慣れておらず、外に出たいがために前足でケージの網の扉をひっかいて足裏が腫れたり爪が折れる

・ストレスで足裏を舐め続けて腫れあがる

・下痢・嘔吐・食欲不振

・けいれん

 

ペットホテルに預ける直前で、心配であれば予定を見直すか、はじめは1泊から環境に慣らしてあげましょう

無料ブログ作成サービス JUGEM