自分のお薬を飲むときは要注意!ペットに危険な毒物トップ10

ペット関連ニュース comments(0) - pet-house
各地で桜の開花が目立ってきましたね桜

嬉しそうに飼い主さんと散歩する姿もよく見かけます

愛犬とお花見なんていう計画を立てている方も多そうですねネコ

そんな今日この頃ですが、米動物虐待防止協会(ASPCA)が「ペットに危険な毒物トップ10」のリストを発表しました

米イリノイ州アーバナにあるASPCA中毒事故管理センター(APCC)が2013年に取り扱った18万件にのぼる症例を集計した結果によれば、ペットの中毒事故の原因となった毒物でもっとも多かったのは人用の処方薬で、6年連続で1位とのこと。

なかでも、降圧剤や抗うつ剤、鎮痛剤の誤飲が多く、飼い主が飲もうと薬を準備している際にうっかり床に落とし、ペットが飲んでしまうケースが多いのだそうです。

薬による中毒事故は全体の20%を占めるそうで、ランキング3位には「人用の一般用医薬品」もランクインしている。サプリメントなどもこのジャンルに含まれており、薬と同様に誤飲をすると命取りになる危険なものも多く見られるが、なかにはペットがおいしいものと勘違いするような味や香りのものもあるので、注意が必要だとAPCCは警告している。

トップ10リストは下記の通り。大切なペットの命を守るためにも、このリストを参考にしつつ、誤飲事故につながる危険物はペットのそばに置かないなど、注意しましょうねひらめき

【ペットに危険な毒物トップ10】

1位:人用処方薬
2位:殺虫剤
3位:人用一般用医薬品
4位:家庭用品(洗剤など)
5位:人用の食べ物(たまねぎ、キシリトール製品など)
6位:動物用医薬品
7位:チョコレート
8位:殺鼠剤
9位:植物(ユリなど)
10位:ガーデニング用品(肥料など)

それにしてもユリがペットに危険な毒物とは知らなかったです
無料ブログ作成サービス JUGEM